病気平癒がん封じ祈祷と水子供養のお寺「せんき薬師」

病気平癒がん封じ祈祷と水子供養のお寺「せんき薬師」の住職が、毎日撮影したご祈祷動画や行事案内などをアップしていきます。

カテゴリ: 年中行事








今日12月20日は今年最後の年中行事、「古札古守お焚上げ供養」納め薬師大祭 が執り行われました。


H24納め薬師 出店


何年か前から、稲沢市シルバーセンターの会員の皆様が手作りされた、お正月用しめ縄を格安で門前にて販売していますが、今年からは手編みの帽子やマフラーなど手作り作品も販売され、ご祈願者の皆様も多数購入されて大変喜んでくれていました。


手作り、手編みっていうのがいいですよね。


夫々の品に暖かさがありますね。


H24納め薬師 お焚上げ


古札古守お焚上げ供養は長い間、私達をお守りいただきお陰をいただいたお守りお札に居ていただいたお薬師様や仏様神様に感謝をもうしあげ、お帰りいただく大切な行事です。


今日も多くのご祈願者さんがお参りされ、結界内に焚かれた炎にお札をいれて、感謝お礼されていました。


私も皆さまそれぞれにいろいろありましたが、今を生きている、生かされていることを喜んで、それだけで有難いことですよね。


明日12月21日は冬至です。


ぜひ、ゆず湯に入って風邪をひかないようにしましょう。


明日はゆずを買いにスーパーへGo!










お焚き上げ縄


当山では毎年12月20日に古くなったり、ご利益をいただき返されたお守やお札を燃やす「お焚き上げ供養」をおこなっています。


その準備で結界を張る縄を手作りしています。


夏に早く刈った餅米用の稲藁を使います。


当寺に伝わる方法で巻き編みますが、これが半日かけて手に豆を作りながら完成します。


縄は20日朝に結界四隅に立てた竹を一周します。


皆様も20日は古いお守お札をお持ちになりお参りください。










QHM大開帳


当寺では年に一度、旧暦10月20日のみ、ご本尊せんき薬師如来様をご開帳し、直にお参りできます。


本日がそのご開帳の日でした。


天候に恵まれ、最高のお参り日和でした。


朝から多くお参りをいただき、第1回目のご祈祷の初めに皆様とご真言をお唱えしながらお扉を開けさせていただきました。


微笑んでいらっしゃる。


厳しいお顔をされている。


など、それぞれに写るお薬師様のお顔を違っています。


私には、厳しくも暖かくお守りいただいている感じがしました。


ご利益万倍とされる今日お参りいただいた皆様、有難うございました。


来年は、11月22日にご開帳されます。


是非、ご予定下さい。










10月も今日で終わりですね。


今年も残すところ2か月となり、当寺では11月1日より年末年始の行事案内をしています。


ですが、


案内ポスターが昨日まで1枚も書けておらず、今日一日で約20枚ほど全部書き上げました。


年末年始行事ポスター


お薬師様のお陰かと思うのですが、こういった寺務がある時はお参りの方も同じような時間にお越しいただいて、ご祈祷も寺務も効率的に進みます。


もちろん、ご祈祷ご供養が最優先なのは言うまでありませんが・・・。


ポスターは明日から順次各所に貼っていきます。


明日からも、年末年始の準備が目白押しです。



どんなことでもそうですが、



全部を考えたり、いっぺんにやろうと考えると頭がパンクしていまいます。


1つ1つ、今やることをやっていけば、必ず前に進んでいきます。



準備を頑張りすぎて、体調不良にならないように気を付けなければ・・・


でも、やらなければ・・・


天気予報によると寒気が近づいていますので、皆さまも暖かくしてお過ごしください。


合 掌



↑このページのトップヘ